日本⇔中国ハンドキャリー 中国東方航空VS中国国際航空の超過料金比較!

コラムでは、物流に関する記事だけでなく世界各国の空港情報や旅行情報など、幅広く記載させていただきます

日本⇔中国ハンドキャリー 中国東方航空VS中国国際航空の超過料金比較!

2017.03.11/

今回は日本⇔中国(上海)の超過料金の規定を航空会社別にご案内し、ハンドキャリー時の航空会社選定に役立てればと思っています。

 

(中国ハンドキャリーの詳細はこちらを参照ください)

 まずは上海を拠点にしている中国東方航空(MU)のご紹介です

 

 

便数がとても多く時間帯もいろいろあるため、ハンドキャリーでも一番の選択肢になります。

それでは、超過料金についてみてみましょう。今回は受託手荷物のみを考えます。機内持ち込みには言及していませんのでご注意下さい。

 

中国‐日本線の無料受託手荷物許容量(エコノミー)はひとりあたり2箱まで、各箱23KGという規定となっております。

1箱のサイズは3辺の和が158CM以内となり、他の航空会社と変わりません。

また、超過料金を払うと各箱32KG、3辺の和は203CMまでの貨物を預け入れることができます。

最大箱数の規定はないので、その時の貨物スペースの空き状況次第となります。

 

超過料金については下記の通りです。

 

預け入れ荷物が無料規定の個数範囲内の場合: 

重量オーバー(23KG‐32KG)もしくはサイズオーバー(158CM-203CM)は1箱RMB1000

その両方がオーバーする場合は1箱RMB2000となります。

 

預け入れ荷物が無料規定の個数範囲を超える場合:

1箱目の超過手荷物: RMB1000

2箱目の超過手荷物: RMB2000

3箱目の超過手荷物: RMB2000

4箱目の超過手荷物: RMB2000

5箱目の超過手荷物: RMB2000

6箱目の超過手荷物: RMB2000

 

 

 

中国国際航空(CA)も北京をベースにする大手航空会社です

 

中国‐日本線の無料受託手荷物許容量(エコノミー)はひとりあたり2箱まで、各箱23KGという規定となっております。

1箱のサイズは3辺の和が158CM以内となり、他の航空会社と変わりません。

(アメリカ線については1箱までとなっているのでご注意ください)

 

また、超過料金を払うと最大8箱、各箱32KG、3辺の和は203CMまでの貨物を預け入れることができます。

8箱というのは当日の貨物スペースの空き状況によりますが、仮にガラガラであったとしても8箱を超える場合はハンドキャリー手荷物としてではなく、航空貨物としての預け入れとなります。

 



 

超過料金については下記の通りです。

 

預け入れ荷物が無料規定の個数範囲内の場合: 

重量オーバー(23KG‐32KG)もしくはサイズオーバー(158CM-203CM)は1箱RMB490(USD75)

その両方がオーバーする場合は1箱RMB700(USD110)となります。

 

預け入れ荷物が無料規定の個数範囲を超える場合:

1箱目の超過手荷物: RMB  700(USD110)

2箱目の超過手荷物: RMB1000(USD155)

3箱目の超過手荷物: RMB1500(USD230)

4箱目の超過手荷物: RMB2200(USD340)

5箱目の超過手荷物: RMB3100(USD480)

6箱目の超過手荷物: RMB4500(USD690)



 

同じ中華系の航空会社を比べると、重量規定やサイズ規定などは同じですが、超過料金の費用については結構な差があることがわかりますね。基本的な傾向としては、重量やサイズーオーバーの場合は、CAが圧倒的に有利です。個数オーバーの場合は超過すればするほどMUが有利になってきます。

 

最後に、より見やすいように表にまとめておきますので、ハンドキャリー時の航空会社選定に役立てばうれしいです!

 

 

ハンドキャリー・緊急貨物のご用命はオプテックエクスプレスまで!

北米:アメリカ(ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス) メキシコ(メキシコシティー)

ヨーロッパ:イギリス(ロンドン) ドイツ(フランクフルト) フランス(パリ)

アジア:中国(北京、上海、広州、深セン、青島、煙台、大連) 香港 台湾(台北)、韓国(ソウル)、フィリピン(マニラ)、ベトナム(ホーチミン、ハノイ) タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)、シンガポール、インドネシア(ジャカルタ)、カンボジア(プノンペン)、インド(ニューデリー)、

その他:オーストラリア(シドニー)、アラブ首長国連邦(ドバイ)

など

ページの先頭へ
お見積の申し込みはこちら!