JAL、チャイナ・エアラインの日本/台湾全路線、全便でコードシェア

コラムでは、物流に関する記事だけでなく世界各国の空港情報や旅行情報など、幅広く記載させていただきます

JAL、チャイナ・エアラインの日本/台湾全路線、全便でコードシェア

2017.02.21/

日本航空(JAL)とチャイナ・エアラインは、2017年2月21日(火)から、チャイナ・エアラインが運航する日本/台湾路線の全便にコードシェアを拡大します。両社は2010年10月、羽田/台北・松山線でコードシェアを開始し、2017年1月10日(火)、旅客、貨物で両社の提携拡大を実施することで覚書(MOU)を締結しています。

今回のコードシェアは、チャイナ・エアラインが運航する日本/台湾路線の羽田/台北・松山線のみの1路線から、20路線に拡大します。これにより、コードシェアを含むJALグループ便の日本/台湾間の利便性も向上します。

(引用元: Fly team http://flyteam.jp/news/article/75777)

 

日本‐台湾のハンドキャリーは頻繁に発生しています。日系航空会社は預け荷物の超過料金が比較的安いこと、あとは大量のハンドキャリー貨物を輸送する際には事前にスペース確保ができる点で安心な選択肢の一つになります。

ページの先頭へ
お見積の申し込みはこちら!